【吉祥寺】ドイツパンの店リンデのパンはお腹に効く!

リンデのブレッツェルバター たべものレビュー

吉祥寺駅北口、サンロードを直進して西友の向かいにあるドイツパンの店、リンデ。

質実剛健そうなパンたちがたくさん並んでいます。

ドイツパンのハードさが苦手な時期もありましたが、今はその噛み応えや、ふわふわ食パンとは違う味わいを楽しめるようになりました。

それにしてもパンの名前が長くて難しい。かつてドイツ語を学習したものの、名前を見ただけではどんなパンだかよく分かりません!

説明がちゃんとついているので、それを目安に食べやすそうなものを選びました。

今回購入したのは、マンデルロッゲンフォルコンブロート(600円)とブレッツェルバター(200円)。

マンデルロッゲンフォルコンブロート

見るからに、固そうなごっついパンです。

“ライ麦粗挽き全粒粉の生地に、アーモンド、ココア、クルミをミックスしたライ麦100%のブロート”だそうです。

ナッツが入っていると食べやすいかな、と思って購入。カットしてみると、はじからはじまでナッツがたっぷり入っていました。

リンデのマンデルロッゲンフォコンブロート

食べてみると、ナッツの歯ごたえが心地いい。ライ麦全粒粉ということで、とても噛み応えがあります。特に端っこはほんとに固いです。

ライ麦パンによくある酸味はあまり感じられません。

パン生地自体口当たりがよいわけではないので、クリームチーズを塗ったり、とろけるチーズを載せて軽くトーストしたりすると、ずっと食べやすくなります。

ライ麦パンは、ミネラルや食物繊維が豊富で栄養価が高く、血糖値を上げにくいパンとのこと。

私自身このパンの薄切りを2枚食べて、お通じが改善してびっくり。ライ麦パン効果に感謝!

普通のパンより腹持ちもよく、ドカ食いすることもないのでダイエットにも向いているかも。

ブレッツェルバター

ブレッツェルバター

これは、前から好きなパン。ブレッツェルの太いところにバターがたっぷり入っています。

ブレッツェルに塩がまぶしてあるのですが、これが粒が大きくてとてもしょっぱい。でもこの塩味とバターのなめらか風味とパンのカリっとした食感が合って、美味しいのです。

こんなにたっぷりバターが入っていると罪悪感も感じてしまいますが、行くと買わずにはいられません!

ドイツパンも応援!

フランスのパンに比べて、まだまだ日本では食べられていないドイツパン。

固いし、クセが強いし、武骨だし、誰もが食べやすいパンではないかもしれません。

私も食べ慣れてはいませんが、リンデのパンは体にもよさそうなので色々試してみたいと思います。

(2021年2月の情報です)

リンデ 吉祥寺本店パン / 吉祥寺駅井の頭公園駅
テイクアウト総合点★★★★ 4.0

タイトルとURLをコピーしました