【三鷹】町のサンドウィッチ屋さん、パイナップルフィールド

たべものレビュー
パイナップルフィールドの生パインサンドウィッチ

ふつーーーの商店街だった武蔵野市西久保の三谷通り商店街が、コロナ禍にもかかわらずなんだか若返りして活気づいています。

商店街の元気の源のひとつ、パイナップルフィールドは2021年3月にオープンしたばかりのサンドウィッチ屋さん。テイクアウト専門店です。

開店前にはいつも行列ができていて、まだまだ人気が衰えません。

パイナップルフィールドの紙袋

これは↑パイナップルフィールドの紙袋ですが、こんな色のポップな看板(というのかな?)で商店街の中でも思わず目を引く小さいお店です。

私も開店早々から買いに行きたかったのですが、あまりの行列の長さだったので落ち着くのを待っていました。

最近は12時頃に通りかかると、列は1~2人くらいになっていることもあるので、4月になってようやく訪問が叶いました。

チョコクリームバナナのサンドウィッチ

パイナップルフィールドのチョコクリームのバナナサンド

初回はチョコクリームのバナナサンド(400円)。初なのにフルーツサンドの定番っぽい感じのを買ってしまったな~と帰り道にちょびっと後悔。

バイナップルフィールドのチョコクリームのバナナサンド

黒い紙に包まれています。パンは薄めで、ベストマッチのチョコクリームとバナナが引き立ちます。おやつ感覚で食べやすくて美味しい!誰にでも喜ばれるサンドウィッチです。

生パインのサンドウィッチ

パイナップルフィールドの生パインサンドウィッチ

2回目の訪問では、店名にもなっているパイナップルのサンドウィッチ(450円)を買ってみました。

参考までにお店の方に人気商品を聞いてみると、フルーツ系とかカツ系のものがよく売れるそうです。

フルーツサンドは私も大好きですが、どこでも人気ありますね。

パイナップルフィールドの生パインサンドウィッチ

缶詰のパインならありそうですが、生パインの入っているサンドウィッチは珍しい。

パンの柔らかさに対してパイナップルは若干かためではありましたが、がっつり入っているし、ほどよい甘さと熟し加減が楽しめました。フルーツサンドの経験値がアップ!

それにしても生のパイナップルは、サンドウィッチにする熟し加減が難しそう。素人ながら、結構難易度の高い具材じゃないのかな~と思ってしまいます。

カツ系サンドも魅力的

フルーツサンドが好きなので2回続けて買ってしまいましたが、今度行くときには“カツ”系も試してみたい。

サイトを見ると、ヒレカツカレーやハムカツ、メンチカツ、エビカツがあるようです。

三谷通りを通る楽しみが一つ増えたのがとっても嬉しい。この地で繁盛してくれるといいなと思います。

(2021年4月の情報です)

パイナップルフィールドのサイトはこちら↓

Pineapple field パイナップルフィールド™ 手作りサンドイッチ専門店— 東京都武蔵野市 三鷹駅北口徒歩10分|2021年新規オープン
パイナップルフィールド™ Pineapple field 手作りサンド...

手作りサンドイッチ専門店 パイナップルフィールドサンドイッチ / 三鷹駅
テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.2

タイトルとURLをコピーしました