豆乳生活で美肌とアンチエイジング対策!

健康

甘酒に続き、飲み物で美肌とアンチエイジング対策第2弾。

甘酒生活で美肌とアンチエイジングに期待!
50歳に近いので日々、アンチエイジングを心掛けるようにしています。年を重ねていくのは生きている証拠だから、ありがたいこと。でもどう考えても人生すでに折り返しちゃっていて、ガタがでてきます。老化はなるべくゆっくりね、...

甘酒は断続的に飲んでいます。いつも冷蔵庫にストック、というわけにはいかなくて。

甘酒を飲み続けて、目に見えて肌が美しくなったかというとそこまでではないです。

でも、目に見えないところで酵母たちが働いてくれているはず。

今回の豆乳はアンチエイジングドリンクとして、いつもストックしています。

豆乳の栄養

豆乳には、美肌やアンチエイジング、更年期障害に効果がある栄養が色々含まれています。

イソフラボン

肌のハリやみずみずしさを保ったり、コラーゲンの生成を促してくれます。女性ホルモンのバランスを調整してくれるので、美肌効果が期待できます。

更年期障害の症状が楽になる効果も期待できます。

更年期になるとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少して、心身の不調につながってきます。イソフラボンはエストロゲンに似た働きをしてくれるため、更年期の症状が軽減するといわれています。

レシチン

卵黄に含まれる成分。血管にこびりつく悪玉コレステロールを減らし動脈硬化を予防します。

ビタミンB群

イライラを抑えたり、集中力や意欲のアップ!が期待できます。

ビタミンE

細胞の酸化を抑えて、アンチエイジング。 血行をよくして肩こりや冷え性にも効果。

サポニン

ビタミンEと同じように抗酸化作用でアンチエイジング。脂肪の蓄積を防いだり、血中コレステロールを低下させるなどの働きがあります。

オリゴ糖

腸内でビフィズス菌や乳酸菌のえさとなって、善玉菌を増やします。腸内環境を整えて便秘解消効果も!

鉄分

牛乳の10倍含まれているので、貧血予防に。

牛乳の代わりに使ってみよう

無調整豆乳を、牛乳や水の代わりの食材として使っています。

シチュー、スープ、カレー、ハンバーグ、グラタン、お鍋、お好み焼き、ホットケーキ、白玉団子…など、何に入れても違和感はないので、色々試してみてください。

料理に牛乳じゃなくて豆乳を使っても、まずばれません!アレルギーには気をつけてください。

無調整豆乳は、開封後3日ほどで飲んだほうがいいそうです。

でも家族は豆乳を飲まないので、1人で3日で1リットル飲むのは結構厳しい。

積極的に料理に混ぜ込んで使うようにしています。

パルシステムの豆乳

うちでは生協の『パルシステム』で豆乳1リットル×6箱セットを不定期に購入しています。

配達してくれるので、重さを気にせずに購入できるし、国産大豆100%なので安心して飲んでます。

生協の宅配パルシステム

豆乳を飲み続けて

牛乳は好きだけどストレートで飲めないので、朝は豆乳派。

飲み続けて数年になります。

生理は以前より楽に感じることが多くなりました。

更年期の症状は、今のところはまだ際立ったものはありません。

お肌は…大きなトラブルはなし。

朝、豆乳をマグカップ一杯飲むと満足感があるので、パンを食べすぎない。

ダイエット中なら、豆乳とフルーツだけの朝食にして、パンは食べなくても物足りなさはないです。

豆乳生活のススメ

味に慣れてない場合は、味付き豆乳から始めるのがおススメです。

私もはじめは味付き豆乳を飲んでいました。

キッコーマンの豆乳が新しい風味を出すたびにチャレンジ。

紅茶味が一番好きだけど、キッコーマンのサイトを見ると、今はシナモンやマカダミアナッツ、きなこ餅なんていうのもあるんですね。

慣れたら、糖分が含まれていない無調整豆乳へ。

無調整豆乳でも、温めてココアやはちみつを入れたり、冷たいまま青汁パウダーを入れたりすると飲みやすくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました