【吉祥寺】有名な純喫茶ゆりあぺむぺるでプリ活

たべものレビュー

純喫茶ファンにも有名な吉祥寺のゆりあぺむぺる。宮沢賢治の詩にちなんだ店名だそうですが、私の知っている宮沢賢治の詩は「雨ニモマケズ」だけ。「春と修羅」という詩集に出てくるそうで、今度探してみよう。

この日は吉祥寺での用事を終え、お昼直前の時間。久しく訪問していなかったゆりあぺむぺるを思い出していってみました。中を覗くと席は空いていたので、ランチ+デザートしてもよかったけど、散財後だったのでプリン優先にしました。

席は1階。レトロ感たっぷりで薄暗く、あまり本読みに適した環境ではありません。2階も行ってみたいな。

コーヒーは、フレンチというブレンド。プリンは四角。

固めで好きなタイプの濃厚プリンでした!個人的には形は丸が好きですが。小ぶりなのであっという間に食してしまいます。

12時を過ぎて、ランチのお客さんも増えてきそうなので、早々に退散。レトロな雰囲気の店内で、心地よい空間だったので、今度来たときは、ランチしてもっとゆっくりしてみよう。

◆ゆりあぺむぺる◆
武蔵野市吉祥寺南町1丁目1−6
https://www.instagram.com/yuriapemuperu/?hl=ja

(2021年10月訪問)

タイトルとURLをコピーしました